忍者ブログ

4728?

ヒャッハー! ガソリンよこせ~!







続く給油制限、パニック買い状態に ガソリンスタンド7割休業

2018年2月12日 午前7時00分


13日にかけて大雪の予報が出ている福井県内で11日、

渋滞に巻き込まれた際など万一に備えて燃料を求めるドライバーが、

給油制限が続く各所のガソリンスタンド(GS)に押し寄せた。




県によると、嶺北地方のGS230店のうち同日午後2時現在、約7割が休業しており、

“パニック買い”の様相を呈している。

県石油業協同組合は冷静な対応を求めている。


店によってばらつきはあるが、各所のGSでは駆け込みが発生し、断続的に混み合った。

間断なく車が入ってきた福井市内のあるGS。

市内で7軒以上、開店しているGSを探し回ったという同市の男性(55)は

「親戚から電話があってここに来た。ほっとしている」と疲れた表情をみせた。

「入れたのは20リットルだけ。しばらくは何とかなる。こんなときは助け合い」

と話していた。




別のGSでは、レギュラーガソリンは3千円までの制限を付けた。

従業員によると午前10時にタンクローリーが入ったが、

午後6時ごろには底を突く見通しという。

同市の30代男性は「探し回ってここで3軒目。ガソリンはまだ3分の1あるけど、

いつ渋滞に巻き込まれても大丈夫なよう早めに入れた」

と話していた。




11日朝から販売を始め3時間足らずで在庫切れとなったり、

燃料を求める長蛇の列ができて渋滞が発生したりしたケースも。








閉店した店では、




「本当はあるのに隠してるんじゃないか」




と罵声を浴びせるドライバーもいたという。







県石油業協同組合によると、大半のGSが「20リットルまで」などと制限しており、

一度給油して再び順番待ちに回る車もみられるという。

給油可能なGSの情報が、ツイッターなどで拡散していることも

駆け込みに拍車を掛けたとみている。




坂井市三国町の油槽所からは、

通常で1日2500キロリットルを嶺北地方の各GSに出荷できる。

県の11日午後2時現在のまとめでは、同日の出荷量は452キロリットルで、

県外を含めると計1078キロリットルの予定。

河部秀範専務理事は「今後の大雪を心配する気持ちは分かるが、

パニック状態になっている。三国には潤沢に燃料が備蓄されている。

幹線道路の除雪が進んでおり、供給量は今後増える見通し。

どうか冷静に、焦らないでほしい。渋滞になると除雪の妨げになり、

タンクローリーも近づけなくなる」と切実に訴えた。



ttp://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/293170



















ということで

うわあ......  福井県民ってやっぱり土人だな

とか

県民性最低だな 滅べばいいのに

というような書き込みがされていましたが

たしかに~ わかる~ その気持ち~

ということなんだけど

県民性なんつうと

運転マナーとか自分さえ良ければいいのだ運転だらけだから

県民性が悪いのは間違いないと思うよ

しかしながら

ちょっとまって欲しいよな

これは福井新聞社の記者が書いたものなのか

どこかの記事を引用したのか知らんけど

しょせんマスゴミだぞ



冷静に考えてみると

ガソスタスタッフに記者が質問するだろ?

在庫状態はどのようになっていますか?

つって

それに対する返答は

在庫はありませんし明日にも入ってくるかどうか

お客様が困っているのに申し訳ありません

みたいな感じだろ




そんでから

なにか客からお困りな声はありましたか?

みたいな質問に対して


そうですね


「本当はあるのに隠してるんじゃないか」


つって罵声浴びせられました!


こんなの

もし、まじで言われていたとしても

ガソスタスタッフが答えるだろうかなあと思うよ

もし俺がガソスタスタッフだったら

お怒りの声も幾らかもらいましたよ

みたいな感じに止めておくと思うよ

ということで

どういう思想を持った新聞社や局からの内容なのか

どういう思想を持った記者の記事をアレしているのか

少しは疑ってかかるのも大事と思うよ

県民性が駄目なのは間違いないけど

それでも至る所でスタックした車を他人同士助け合って救助しているんだから

そんなに捨てたもんでもないよ。









PR

かっぱ59億円の赤字








かっぱ寿司、「脱カッパ」空回り 不振で赤字に


回転ずしチェーン「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトは10日、

2017年3月期の最終損益が赤字に転落する見通しを発表した。

従来は11億7700万円の黒字を予想していたが、59億400万円の赤字になる。


ttp://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASDZ10HIT_Q7A210C1000000/











 

 

かっぱ寿司の地下では、捕まった河童たちが

泣きながら寿司を作る仕事をさせられている。

河童たちの給料は1日1本のキュウリだけ。

かっぱ寿司の正社員は、河童たちが逃げたりサボったりしないよう

いつも監視している。恐怖心を植え付けるため、

時々無意味に電気ショックを与えたりする。

河童のほとんどは子供で、

「お父さん、お母さんに会いたいよう」と いつも泣いている。

睡眠時間もほとんど与えられず、

逆らうとキュウリを減らされる。

こうして人件費を大幅に抑えることで、かっぱ寿司は

安くて美味しいお寿司をみなさんに提供できるのです





 


31:   2017/02/11(土) 07:46:22.69 ID:bPpSl06b0

昔カッパ寿司で働いていた事のあるカッパですが

ネットで言われる地下で寿司を作らされているという話は誇張されています

きゅうりは一本ではなく家族の人数分頂けますし余ったカッパ巻きも貰えます

お父さんとお母さんも皿洗いの仕事をしてますので会えないという事もありません

お昼なればお父さんとお母さんと一緒に地下で休憩しています

監視されているとありますが正社員の人は殆ど寝てますので

監視されているということも無いですw

電気ショックもサボった子がされているだけで無意味にはされないですよ

無意味にされたら流石に僕達も怒りますよw











逆走おじいちゃん20㌔









20日朝早く、兵庫県内の中国自動車道の上り線で70代の男性が運転する乗用車が

およそ20キロにわたって逆走し、付近の区間が一時、通行止めになりました。

衝突事故などは起きませんでしたが、警察は男性から話を聞いて

詳しいいきさつを調べています。



20日午前4時50分ごろ、兵庫県加東市の中国自動車道の上り線で

「車が逆走している」と、走行中の車の人から警察に通報がありました。 



 警察は、進行方向の先にある加西インターチェンジ付近で待ち構え、

逆走してきた乗用車を止めたということです。



乗用車を運転していたのは県外に住む70代の男性で、

ひょうご東条インターチェンジからおよそ20キロにわたって逆走してきたと見られますが、

警察の調べに対し、「逆走しているとは思っていなかった」と話しているということです。



また、衝突事故などは起きなかったものの、逆走の影響で、

中国自動車道は現場付近の上り線がおよそ20分にわたって通行止めになりました。

警察は、さらに男性から話を聞いて詳しいいきさつを調べています。


ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20161120/k10010775861000.html



















ということで

ナメリカの何処かの州だかどこかでは

このような逆走防止トラップを設置してある州がどこだかどこかではあるらしい



画像の左方向から車がきたらトゲは倒れるが

右方向からきたらトゲは倒れずタイヤをバーストさせるのだ

日本も老人の逆走が多い高速道路入り口には

これを設置したらどうかと思いますが

そもそも

20㌔にわたって運転してても自分が逆走している事に気づかない老人が

タイヤがバーストしている事に気づくかどうかは疑問でありまして

ホイールから火花散らしながら

高速を逆走する老人ドライバーの姿が目に浮かぶことこのうえないので

この話はなかったことにして。