忍者ブログ

4728?

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


タイトルなし






母が7月4日火曜日から2泊3日の外出許可を取って自宅に戻ってきていたが

精神薬の影響なのか

悪く取れば感情が薄くなったような

良く取ればマイペースな性格になったような印象を受けた

こちらが聞き取れない ひとりごと を呟くのも多くなった気がする

ひとりごと を多く言うようになったのは自分でも自覚しているらしくて

べつに深刻なものではないと思う

なにより食欲が戻った事は嬉しいこと

入院前なんか1度の食事で お仏壇に供える白飯の量くらいしか食べなかった

それも俺と一緒に食事を摂る時にしか食べられなかった

このままじゃ本当に母が死んでしまうと思うくらい食べる量が少なかった

それが今だと元気だった頃と同じくらい完全に食欲は戻ってはいないが

7割8割ほどの食欲は戻ったみたい







今回の外出は担当医のお勧めもあって実現した事

担当医からしてみたら軽度の鬱という診断だから

そろそろ1度自宅に戻ってみて

自分の気持ちの様子を見てみたらどうでしょうか?

という感じなんだと思うけど

担当医はこちらの家庭環境がどれ程酷いモノなのか把握していない

俺からしてみたらまだ母が戻るのは早いと思っていた

親父が少しでも変わってくれない限り自宅に戻るのは早いと思っていた

それは俺の希望であるし今の人生で一番のお願い事だけど

無理だろうな

今回も親父はアホみたいな態度を取った

母の帰宅を喜ぶような素振りも見せず

今までと同じ拗ねたガキみたいな態度を取った

母が病院に戻る際にも自分のベッドに寝そべったままで

玄関まで見送る事もしなかった

何が深刻かって

親父は1番に自分なんだ

だから自己愛が強すぎて困ると何度も書いているんだ

どうだ~ オレはかわいそうだろ~ みんなに嫌われて弱ってるぞ~

という態度が透けて見えるんだよな

なんて女々しいヤツなんだろう

ちっとも可哀想じゃねえよ

おまえが! 

おまえが今までの人生で最大に弱っていた母の心を突き放した結果だろうが!

ということなんだけど

母も俺も親父が生きてる限りこの家庭環境から逃げられないのは仕方ない

絶対に逃げられないという事でもないけど

それはアレだ

親父と別居して暮らすという話になるけど

そうするとたぶん親父は1年くらいで体壊して死ぬだろうから

その結末は母も望まないだろうと思うから

まあ、逃げられないと言う事になるんだけど

ひとつだけ我慢できないくらいに息が詰まってきたときに

逃避として使える場所がある

そうだよ海の家があるよな

親父も1日2日放って置いたらすぐに死ぬようなもんでもないし

あそこを最後の逃避の場所として活用しよう

そうするとなると

これからクソ暑い時期だけど忙しくなるぞ

とりあえず2階は物置にして

1階を片付けて床の拭き掃除から便所掃除に風呂掃除に樹木の剪定も

お布団も二組カバー取って洗濯して干さなきゃだし

あと、なんだ

玄関戸にレール式の網戸を取り付けようかな

便所の電球も切れてたな

他にもまだまだ色々とやる事が山盛りだけど

ようし.......  ようし!

久しぶりにひと肌もふた肌も脱いで頑張ってやるかな!

自分の中の小宇宙を完全燃焼させるくらいに

セブンセンシズに目覚めるくらい頑張ってやるかな

たぶん今が本気を出すべき時なんだ

ロケットの中のシロクンの毛もそう言っている

しがらきシロクンもチビシロもそう言っている

私生活も猫は見ている と

分かってる、分かってるぞ~ シロクン

おまえを頼ったりしないからな

どこかでフムッ!とした顔で見ていてくれるだけでいいからな。








PR

リュックのこと






6月21日





夜の8時過ぎくらいにT藻君から着信す

倉庫のほうで待ってると言うので

そちらで合流した

どうやら日記を見た雨ナさんから

38くんは大丈夫なんかい?

というお電話があったようで

心配して会いに来てくれたようだアリガタイことに持つべきものは友達だ

ネッツ上の日記に書くことは人に余計な心配をかけてしまう

そこらのメモ帳にでも今の気持ちを書き殴っとけばいいものだろうけど

いちおうそういう事もしておるんだけど

その時々の気持ちを同じページに書き込んでたりして

自分で読み返してもあまり良く分からないメモ書きになってる事が多い

そもそもなんだけど

シャーペンによる筆記スピードよりかキーをポチポチしたほうが早い

いちいちあの漢字なんだっけな? と、手を止める時間も少ない

非公開で保存するという手もあるんだけど

そうすると管理ページから探す手間があって結局自分で読み返すことなく

過去の記事の中に埋もれたままになってしまう事が多い

去年の夏から今までほんと色んな事があって

とにかく精神的に追い詰められるような事が多くて

なんていうかドカンドカン爆弾で攻撃されて

これまではそうだな

危なかった~ 致命傷だけで済んで良かったのこと~

みたいな気持ちだったけど

今回はもうなんていうかアレだ

爆弾おいしい~ 爆弾ぺろぺろ~

と、爆弾をペロペロ舐めていたらゼロ距離で爆弾爆発したようなショックだったんだよな

これまでの致命傷を受けた事も膝に矢を受けてしまった事も

その時々にどのように感じたか書き残しておきたかった

それを後で読み返して

その時々の自分の精神状態を知るというか

あの時の自分ヤバかったな~ とか笑い話にするのもいいし

自分の精神のどの部分がどのように弱いとこあるのかを考えるのもいいと思った

だから書き残さなかった事に少し後悔があるんだよな

今現在胸がムネムネするというか

胸がいっぱいというか

なんて表現したらいいのか

どうも呼吸が深くなったりして空気が薄い感じがするというか

それで食欲があんまり出てこないような感じなんだよな

それについては自分でもヤバいという意識はあるし

ちょっと自分がおかしいという事も認識出来ている

そういう部分でまだ余裕はあるんだろうな

ここにこうやって記入出来ているんだからそういう余裕もまだあるということ

母の入院の後から家事など殆どしていないという時間的な余裕もあるから

こうやって出来ているということもあるんだろうな

ということで

まあ、そういうことで

ここに記入しているんだと思う

どうです~ ぼくカワイソウでしょ~ 誰でもいいから同情して欲しい~

という気持ちは少しもないと言いたいけど

言えないかも知れないところもあるんだよな

自分でも認識したくない認めたくない弱さなのかも知れないな

ということで

なんだった

リュックについて書き残そうと思ってたのに長くなってしまったな

ということで

また後で考えて書き残そう。









無題

6月21日

外が明るくなった頃に就寝したと思うが

午前10時過ぎに起床した

昼近くになり親父が弁当を買ってきてやると言う

腹なんか減ってないし

そんなよか俺に話しかけないで欲しい関わらないで欲しいと思ったが

それじゃ唐揚げ弁当みたいなのでいいわ少なめのヤツ

ということで

唐揚げ弁当買ってきてくれたけど

唐揚げか....... なんで唐揚げ弁当なんか選んだんだろう

お箸を握ったまま唐揚げ見てた

そうすると庭のほうの道路脇に車を寄せて

母の姉が訪ねてきた

母がなにか良くないと聞いたけどどうなってるの?

ええと、あの、また入院になっちゃって

あら~大変、どこの? 前と同じ病院?

あっと、その、前と同じ病院なんだけど、えっと、病棟が違って

その、精神科のほうの病棟で

えっ、精神科? 本当に?

うん、鬱病になったから、その、あの、〇病棟の000号室だったかな?

見舞ってくれると喜ぶと思うから、あの、部屋番号メモしとく?

ええ、行ってみるわ......  38君また大変やけど大丈夫?

いや、へへへ、なんかもう疲れちゃって、まあ、うん、大丈夫です

そう......  あの~.......  38君頑張ってね

えっ? 頑張る? えっ? あっ、うん、うん、まあ、なんとかやりますよあははは




自分でも後でビックリした

頑張ってという意味が一瞬理解出来なかったから返答が遅れたようだ

頑張る? 俺が? 何を? 何を頑張るの? 母が居ない家での生活を頑張れと言うの?

姉さんもうちの家庭環境がどういうモノなのか母から聞いているだろ?

またしても親父とふたりの生活を頑張って暮らせとか酷な話だ

母が退院して戻ってきてからの生活でも

例えがおかしいかも知れんが

俺が母の為にと丸1日かけてスコップで掘った穴を

親父によって重機で数秒で埋め戻されるみたいなアレだったんだ

何度も何度もそんな事をされていたんだ

それでも頑張れたのは母の事をそれで支えていたつもりだったからだ

そんだけ大事に思っていた母が居なくなった家なんかで

何を頑張る必要があるのか

もうゴミ出しなんかしない

風呂も掃除しない

親父の為に自炊なんかもしない

腹が減ったら自分の分だけ作ればいい

使い切れないトマトもジャガイモも台所で悪臭放つまで腐ればいい

洗濯物も自分の分だけ海の家に持って行って洗濯したらいいし

脱衣所なんかカビだらけになればいい

それでも

母がもし帰ってきたら掃除が大変かも知れないけど

もうほんと何もする気が起きないわ

何にもしたくない

そもそも

こんな家に母も帰ってこないほうが精神的に良いような気がしてきた

どうも破滅的な考えになってしまう

たぶんもう心に余裕がないからだろう