忍者ブログ

4728?

シロクン







シロクンと最後に会ったのは11月の26日

左耳の後から首元にかけての傷は

見た目的には酷いものだったけど

少しずつ新しい皮膚が形成されてきて

膿も少なくなってきていて

この調子なら12月までには無理そうだけど

あと1ヶ月、1月の終わり頃には完治とはいかないまでも

シロクンを膝に乗せる事が出来るかも知れないと

ちゃんと毛皮も復活して いつもの冬のもこもこシロクンになったなら

ゴム手袋なんか捨てちゃって

思う存分素手でシロクンが嫌って言っても撫でまくってやるからな~



そう思っていた










12月2日金曜日、現☆場が国三運動公園近くであったから

仕事終わりにシロクンに会いに行けるかもと思っていたが

午後6時過ぎまで終われず断念した




12月3日土曜日、運動公園近くの現☆場は午後3時40分頃に終了

早く終わるのを見越して自分の車で現☆場に来ていた

きっとこの時間帯であればシロクンは とくおお の路地で日向ぼっこしてる筈と思い

港へと車はしらせ

午後4時ちょい過ぎに とくおお の路地に立ったが

シロクンは居なかった

おかしいな

これまで9月10月の間は 午後3時30分頃から夕方まで、いつも

とくおお の路地にシロクン居たのに

ということで

今までの冬のシロクンの事を思い出してみると

冷たい風を嫌ってか

トンネルの向こう側の集落に居た事が何度かあった

ということで高台を巻いてトンネルの反対の集落に下り探してみたが

シロクンからの返事がなかったから

そこからまた港とトンネルの反対側の集落までを3往復したが

最後までシロクンからの返事なかった




12月4日日曜日、いつもより少し早目に午後1時頃に とくおお の路地に立つ

とくおお の路地を音を出しながら2往復したが

シロクンからの返事はない

天気予報では夕方から雨

頼むぞシロクンいい加減出てきてくれよ

この日も高台を巻いてトンネルの反対の こども広場まで行って戻って3往復

シロクン、足が棒だよ、何処に居るのさ

そうして途方に暮れながら探し歩いていたら

午後4時近くから雨がポツポツと落ちてきた

なんだよ天気予報ちょこちょこ外す癖して今日は当たりかよ

シロクンも猫だから雨は嫌い

この様子じゃきっと出てこないかも知れないな

ということで雨が本降りになる前、午後5時くらいでこの日は断念






12月8日 今日

午前中で倉庫でゴソゴソ終了

今日は晴天だ

特にこの北陸の糞みたいな冬にあっては貴重な晴れ間であることこのうえなく

シロクンにとっても日向ぼっこする貴重な晴れ間であることこのうえなく

きっと今日こそは日溜りでフニャ~となってるシロクンと会える筈のことこのうえない

海に向かわない手はない

今日も少し早いけど午後1時ちょい過ぎからシロクン探しを開始したが

やっぱり とくおお の路地には居ないよう

今日も高台巻きの こども広場まで出て

そこからトンネルまでの海岸沿い集落の隅から隅まで路地という路地を歩いてみたが

シロクンからの返事はない

そうして今日も3往復

足が棒

まだ諦めない

もう1度 とくおお の路地を探してから

次は高台のもっと海抜の高い奥地まで捜してみた



シロクンからの返事はない

こんなに隅々まで捜し歩いてシロクンに会えなかった事って過去にあったか?

困った........

猫の事で困った時は猫ババアを頼ろう

猫ババア宅に寄る

猫ババアに最近シロクンの姿を見なかったか聞く

5日前ほど前に とくおお の路地でシロクンを見たと言う

5日前と言うと土曜日のこと

その日は午後4時頃からシロクン捜してた日だな

とくおお の路地には居なかった

詳しく聞いてみると猫ババアが路地でシロクンを見た時間帯は

朝方の午前7時から8時頃だったかも知れんと猫ババアは言う

なるほど.......

しかしながら猫ババアは御老体であるゆえ

日にちの経過感覚がいい加減なとこがあるからなあ.......

それにシロクンとヤクザ猫を混同してる所もあるからなあ.........

鵜呑みには出来ないとこあるからなあ

ということで

そのまま暫く猫ババアと会話しておると



あの白猫も 随分長く居るよなあ

酷い怪我もしておったし、兄ちゃん、そろそろなんかも知れんよ

猫はな

どんな長生きして体が強かった猫でもな

居なくなる時は、すうっと居なくなるからな

ほれ

兄ちゃん

まだ捜すんやろ?

自分の気ぃが済むまで捜したれ




つわれた

くっくっく.......

相変わらず猫ババアは物事の道理をハッキリ言ってくれよるわ........

おーーーーーっほっほっほ!

そんな事わ! 分かっていましてよーーーーーっ!

この38........  そんな事は分かっていましてよ..........

しかしながら

覚悟とか........

覚悟とか出来るかよ.........

週末や休みの度にシロクンと会うようになってから

もうどのくらい経った?

とにかく

そこそこ長い年月、沢山、シロクンと過ごした甘い時間がありましてよ

それの唐突な終わり方を

それが事実であったとして

それを無理矢理に噛み砕いて飲み込んで腹に入れて納得して

あいつは良い猫だったわよ

あんなに愛した猫は初めてだったわよ

あの猫に会えて幸せだったわゾ

なんつって

今までと変わらない顔で生活出来る強さなんか

この38には、ありませんことよ.........







途中の波消しと波消しの間まで注意深く

突堤の先まで捜した







日暮れまで捜した







やっぱり最後までシロクン出てこなかった









もしかして

これでお別れなのかシロクン? こんな最後なのか?

シロクンそりゃないですわゾ

それはないわ~ まじで~



どうせ次に港歩いてるときにでも

しれっとした顔で たかし丸 の下から現れたりするんだろシロクン?

見つからないなら捜すだけだ

気が済むまでって

おまえなあ

次の夏までずっと捜すからな

諦めきれないぞシロクン

何処かで生きていてくれシロクン

おまえが居ないとオイサン駄目かも知れないぞまじで

ここのところぐっと冷え込んできたし

この9月から12月の間にシロクンを取り巻く周りの環境の変化も多かったから

ねぐらを移動させただけだよな?

もっと朝方とか夜の深い時間帯とかに捜せば会えるよな?

たのむぞシロクン。









PR