忍者ブログ

4728?

無題

6月21日

外が明るくなった頃に就寝したと思うが

午前10時過ぎに起床した

昼近くになり親父が弁当を買ってきてやると言う

腹なんか減ってないし

そんなよか俺に話しかけないで欲しい関わらないで欲しいと思ったが

それじゃ唐揚げ弁当みたいなのでいいわ少なめのヤツ

ということで

唐揚げ弁当買ってきてくれたけど

唐揚げか....... なんで唐揚げ弁当なんか選んだんだろう

お箸を握ったまま唐揚げ見てた

そうすると庭のほうの道路脇に車を寄せて

母の姉が訪ねてきた

母がなにか良くないと聞いたけどどうなってるの?

ええと、あの、また入院になっちゃって

あら~大変、どこの? 前と同じ病院?

あっと、その、前と同じ病院なんだけど、えっと、病棟が違って

その、精神科のほうの病棟で

えっ、精神科? 本当に?

うん、鬱病になったから、その、あの、〇病棟の000号室だったかな?

見舞ってくれると喜ぶと思うから、あの、部屋番号メモしとく?

ええ、行ってみるわ......  38君また大変やけど大丈夫?

いや、へへへ、なんかもう疲れちゃって、まあ、うん、大丈夫です

そう......  あの~.......  38君頑張ってね

えっ? 頑張る? えっ? あっ、うん、うん、まあ、なんとかやりますよあははは




自分でも後でビックリした

頑張ってという意味が一瞬理解出来なかったから返答が遅れたようだ

頑張る? 俺が? 何を? 何を頑張るの? 母が居ない家での生活を頑張れと言うの?

姉さんもうちの家庭環境がどういうモノなのか母から聞いているだろ?

またしても親父とふたりの生活を頑張って暮らせとか酷な話だ

母が退院して戻ってきてからの生活でも

例えがおかしいかも知れんが

俺が母の為にと丸1日かけてスコップで掘った穴を

親父によって重機で数秒で埋め戻されるみたいなアレだったんだ

何度も何度もそんな事をされていたんだ

それでも頑張れたのは母の事をそれで支えていたつもりだったからだ

そんだけ大事に思っていた母が居なくなった家なんかで

何を頑張る必要があるのか

もうゴミ出しなんかしない

風呂も掃除しない

親父の為に自炊なんかもしない

腹が減ったら自分の分だけ作ればいい

使い切れないトマトもジャガイモも台所で悪臭放つまで腐ればいい

洗濯物も自分の分だけ海の家に持って行って洗濯したらいいし

脱衣所なんかカビだらけになればいい

それでも

母がもし帰ってきたら掃除が大変かも知れないけど

もうほんと何もする気が起きないわ

何にもしたくない

そもそも

こんな家に母も帰ってこないほうが精神的に良いような気がしてきた

どうも破滅的な考えになってしまう

たぶんもう心に余裕がないからだろう




PR